ご利用の皆さまへ

緩和ケア病棟のご案内

平成24年4月開棟の県北で初めての緩和ケア病棟です。

緩和ケア病棟とは

がんなどの病気に対し、病気自体の治療を目的とするのではなく、身体の症状や心の痛み・社会的な問題・ご家族の悩みなどに対するケアを主体として取り組みます。
出来る限り、患者さまやご家族が快適な生活を送れるように、それぞれの専門スタッフが専門性を発揮し、チームで一丸となりサポートしていきます。

※専門スタッフには、
緩和ケア病棟専任医師・緩和ケアチーム医師・主治医・緩和ケア認定看護師・看護師・がん薬物療法認定薬剤師・管理 栄養士・医療ソーシャルワーカー・理学療法士・作業療法士などがいます。

病棟理念

私達は一人ひとりの『ありのまま』を大切にします

全人的苦痛の緩和
緩和ケア
包み込める様な優しさを持って接します

図

室料のご案内

  • ●個室(A)
  • ・部屋数 1床
    ・料金    5,000円(税別)

    トイレ・洗面台・ソファーベッド・ロッカー付き。TV・冷蔵庫の使用は無料です。
    畳のスペースで休んだり、ご家族と一緒に過ごすことができます。

  • ●個室(B)
  • ・部屋数 2床
    ・料金    3,000円(税別)

    洗面台付き・トイレが部屋の外に付いているため他の部屋よりやや広い空間となってます。
    ソファーベッド付き。TV・冷蔵庫の使用は無料です。

  • ●一般個室
  • ・部屋数 10床

    一般個室(全室トイレ・洗面台付き)無料個室ですが、TV・冷蔵庫使用時は別途1日500円の自己負担となります。

入院申込・ご予約方法

入院申込手順

入院申込手順

緩和ケア外来

※予約方法…地域医療連携室内「がん相談支援センター」へお電話等でお申し込みください。

チーム医療

共通の目的である患者さま・家族のQOLを高めるためには、何が最善か何が必要かを、メンバーと共に考え協働する

患者さま・ご家族の声にお応えします

  • 24時間面会が可能です
  • 自宅で可愛がられていたペットにも会えます(大型犬や、鳴き声が大きい場合などは、ご遠慮いただくことがあります)
  • お酒がお好きだった方は飲酒も可能です
  • その他 患者さま・ご家族のご希望に添えるように、出来る限りの検討を行います

がんサロン

当センターではH23年の7月より、がん患者様主体の患者会「がんサロン」を設置し、お手伝いをさせていただいております。
がん患者様やご家族が、心の悩みや体験を語り合うことで不安を和らげたり、患者様同士の支え合いの場・がん医療の情報交換の場となることを目的としています。

第1回目は「がん治療と食事」をテーマに、当センターの管理栄養士によるミニレクチャーを行いました。
第2回目は「抗癌剤治療について」熊本大学付属病院 乳腺・内分泌外科助教 村上 敬一先生にお話をしていただきました。

そして第3回目となる今回は「症状の緩和について」当センターの呼吸器内科 坂田 典史先生(緩和ケア外来担当医師)にお話をしていただきました。
参加者は患者様・ご家族6名と、当センターのスタッフ8名の計14名でした。
患者様が日頃から気にされている体調のことや、それを支えるご家族の悩みなど思い思いのことを語られました。
今回は一人の患者様からの提案で自己紹介も行われました。少しずつですが患者様同士の力の輪が芽生え始めているようです。
患者様・ご家族の「連絡してもらって本当に嬉しかった」「今度はいつあるのかと思って待ってました」「また近く会える日を楽しみにしてます」など、がんサロンの開催を心待ちにされてるお声をいただきました。
会の終了時には皆さん顔見知りになられ、「またね~」と笑顔で帰って行かれました。
最近はがんサロンに参加されたご家族が、緩和ケア病棟まで会いに来ていただくこともあり大変嬉しい限りです。
入院中の患者様のみならず、外来で治療を頑張っておられる患者様、そしてその患者様を支え共に闘病されているご家族にとっても、緩和ケア病棟が心のより所となれればと思っている。今は不定期での開催となっている「がんサロン」を皆様の期待にお応えできるように、定期開催に向けてスタッフ一同努力していきたいと思っています。

看護部 一覧

ホームご利用の皆さまへ病院紹介診療科・部門案内医療関係者の方へ