臨床における倫理に関する方針

臨床における倫理に関する方針

  • 患者さんの人権を最大限に尊重した全人的医療を実践します。
  • 生命倫理の関係法令や診療ガイドライン等を遵守した医療を提供します。
  • 医療機関として倫理要領や臨床上の倫理的課題等は、「倫理委員会」を中心に組織的検討を行い、最善の方針を決定します。
  • 医療の進歩に必要な研究活動は、「倫理委員会」を中心に倫理的・科学的観点から妥当性を審査のうえその適否を判定します。

主要な倫理的な課題についての対応

  • 自己判断不能な患者の同意について

    意識不明や判断能力のない患者においては、緊急事態で生命にかかわる場合で、かつ家族等に連絡がつかない場合を除いて、家族や代理人の同意を得て治療に必要な判断と決定を受けます。
    なお、家族や適切な代理人がいない場合には、患者にとって最善の利益となる方向で治療を行います。

  • 検査・治療・入院・輸血の拒否、指示不履行について

    検査・治療・入院・輸血等の必要性と実施しない場合の不利益について患者に十分な説明を行っても、医療行為を拒否した場合は、患者の意見を尊重します。

    ただし、感染症法などに基づき、医療行為の拒否は制限される場合があります。
    なお、輸血拒否については、別途「輸血に関する方針」に従います。

  • 終末期医療、延命治療、心肺蘇生・心肺蘇生不要(DNAR)等について

    終末期医療については、「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」(厚生労働省)に従います。
    心肺蘇生の有効性について、終末期、老衰、救命不能な患者、または意識回復が見込めない患者やその家族に対して十分な説明をしたうえで、心肺蘇生を行わないことに同意された場合は、その意思を尊重します。
    なお、当院では、いかなる場合も、積極的な安楽死や自殺幇助を認めません。

  • その他の倫理的問題について

    その他の倫理的問題については、「臨床における倫理に関する方針」の原則に従い判断しますが、必要に応じて倫理委員会で審議を行い、その方針に従います。

  • 常勤医師募集中

外来診療のご案内

診療受付時間(月曜〜金曜)
8:30〜11:00

※再来受付機・予約の患者さまは
午前8時から受付しております

休診日

土・日・祝・年末年始
(12月29日〜1月3日)

※急患は、この限りではありません

外来診療について

診療科・部門案内

  • 開放型病院広報誌 つばさ
  • 広報誌 ひびき
  • 日本医療評価機構
  • 産科医療保障制度加入機関
  • 共同利用関係(CT・MRI)

ホームご利用の皆さまへ病院紹介診療科・部門案内医療関係者の方へ