病院紹介

平成28年度 山鹿市民医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 11 43 30 65 99 200 569 752 928 394
当院の入院患者では60歳以上の高齢者の割合が半数以上の約67%を占めています。高齢者の主な疾患としては肺炎(細菌性肺炎・誤嚥性肺炎)や股関節大腿近位部骨折、胸椎・腰椎の圧迫骨折、心不全などとなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 165 39.67 27.63 64.85 86.32
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 51 29.57 20.57 43.14 80.16
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 29 36.03 20.45 41.38 86.38
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 27 13.7 5.49 3.7 50.96
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 24 44.58 26.26 8.33 77.79
高齢者の転倒などによる大腿骨近位部骨折の症例が最も多くなっています。手術後に状態が落ち着いたら近隣病院へ転院してリハビリテーションに取り組んで頂いているため、転院率も約65%と高くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 9.44 7.61 3.13 63.56
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 9.62 9.08 0 73.34
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 27 12.81 11.74 0 72.37
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 18 15.28 13.77 11.11 77.72
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 17 7.82 6.82 0 63.94
胆のう手術はほぼ腹腔鏡下手術で完遂できています。腸閉塞は保存的治療が主体となっています。
新たに肝・肝内胆管の悪性腫瘍の症例数が増加していますが、転院率は0%であり治療が当院で完結できる体制が整っています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 47 9.79 11.06 0 81.17
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2 なし 18 12.61 9.19 11.11 77.28
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 18 9.06 5.5 5.56 53.39
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 15 8.53 7.89 0 61.00
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 7.5 7.44 14.29 64.86
平成27年4月より消化器科が常勤となって以降、消化器疾患の患者数は増加傾向にあります。特に、胆道結石症などに対して乳頭切開術を併用したドレナージ術やステント留置術を行う症例が多くなっています。
最も多い症例は内視鏡による大腸ポリープ切除術ですが、DPC対象外の症例のため上記からは除外しています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 66 24.14 17.95 10.61 82.68
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 3.17 3.06 0 73.06
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 4.91 4.71 0 68.82
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 3.22 - -
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし - - 15.9 - -
心不全治療に対する入院が最も多くなっています。また、虚血性心疾患の心臓カテーテル検査入院や治療も積極的に行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病 なし 24 6.92 5.25 0 58.25
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 23 3.09 11.72 0 70.57
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 19 16 12.43 10.53 70.32
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 18 13.5 7.44 0 74.61
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし 17 7.82 7.08 5.88 73.71
最も多い症例は前立腺癌疑いに対する前立腺生検ですが、DPC対象外の症例のため上記からは除外しています。
次いで尿管結石等に対するカテーテル治療、膀胱癌等の悪性腫瘍に対する治療症例が多くなっています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 20.67 21.25 16.67 89.50
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2 - - 15.29 - -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 17.95 - -
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア1 - - 13.6 - -
0400801399x001 肺炎等(市中肺炎かつ65歳以上75歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア1 - - 12.61 - -
主に高齢者の方の細菌性肺炎及び誤嚥性肺炎が内科での入院の多くを占めています。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 15.59 21.25 35.29 85.18
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.14 - -
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし - - 12.35 - -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 17.95 - -
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし - - 19.92 - -
平成28年診療報酬改定により肺炎での入院が年齢や重症度により細分化したためそれぞれの件数は少数ですが、全体でみると肺炎での入院が最も多くなっています。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.08 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 21.25 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.24 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.43 - -
050050xx99000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 6.75 - -
全体の97%が緊急入院です。その症例は多岐にわたっており、幅広い傷病に対して治療を行っています。
代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 11.48 - -
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.78 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 21.25 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.43 - -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 17.95 - -
平成28年診療報酬改定により糖尿病での入院が合併症の有無等で細分化したためそれぞれの件数は少数ですが、全体でみると2型糖尿病での入院が最も多くなっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 - - 6.42 - -
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり - - 9.44 - -
120110xx99xx0x 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 手術なし 定義副傷病 なし - - 8.04 - -
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 - - 10.05 - -
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし - - 13.29 - -
最も多い症例は分娩ですが、DPC対象外の症例のため上記からは除外しています。
分娩のほか、婦人科手術は集学的治療を要する場合を除いて卵巣腫瘍・子宮体癌・異所性妊娠・臓器脱・子宮内膜症など広く対応しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり 18 3 3.4 0 74.33
020370xx99xxxx 視神経の疾患 手術なし - - 11.09 - -
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.61 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
最も多い症例は白内障の手術目的入院で全体の85%を占めていますが、DPC対象外の症例となるため上記からは除外しています。
白内障手術での入院は基本2泊3日を予定しており、2016年度の白内障の手術件数は119件です。
緩和ケア科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 14.83 - -
110050xx97x00x 後腹膜疾患 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 12.21 - -
12002xxx99x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし - - 9.34 - -
060335xx97x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 17.45 - -
070040xx99x0xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 13.23 - -
当院では様々な悪性腫瘍に対する緩和ケア治療を行う患者様の受け入れ体制を整えています。
全患者の約92%は緩和ケア病棟への入院となっておりますが、DPC対象外病棟のため上記からは除外しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 11 - 15 10 10 15 1 7
乳癌 - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 14 12 11 16 - 17 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院での5大がんの症例の中では肝癌が最も多く、次いで大腸癌、胃癌の順になっています。
肝癌に対する治療が充実したことで症例が増加してきました。
当院では平成18年2月から外来化学療法室を開設し、専門のスタッフによる化学療法を実施しています。また、治療の適性性の審査・レジメン審査・管理、病棟化学療法に対する指導を一括して行っています。
平成24年4月には緩和ケア病棟の開設、同11月には熊本県指定がん診療連携拠点病院となりました。平成23年7月から緩和ケア外来も開設し、入院患者のみならず外来通院中の患者様やご家族などへの情報提供を行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 12 15.75 56.25
中等症 72 18.4 79.97
重症 13 25.38 88.15
超重症 - - -
不明 - - -
当院では中等度の肺炎が約74%を占めており、年齢は70歳以上が約77%を占めています。
重症度が上がるにつれ平均年齢が上がり、平均在院日数も長くなる傾向にあることが分かりました。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞入院は、発見して早期に入院される患者様が多く、発症3日以内の急性期脳梗塞が約90%となっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 69 0.04 1.03 0 71.96
K6335 鼠径ヘルニア手術 51 1.04 4.92 0 67.14
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 51 1.84 6.31 1.96 63.94
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 27 2.7 9.85 0 72.22
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 13 2.08 5.62 0 48.92
外科で最も多い手術は、内視鏡を使用した大腸ポリープの切除術で、予定入院の場合は1泊2日を予定しています。
その他、腹腔鏡下胆嚢摘出術が鼡径ヘルニア手術も増加しています。
肝の悪性腫瘍患者の増加に伴い化学療法として行う血管塞栓術も増加しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 138 4.25 38.72 57.25 86.46
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 49 3.8 42.33 8.16 68.20
K0811 人工骨頭挿入術(股) 44 5.59 31.18 72.73 84.34
K0821 人工関節置換術(膝) 等 32 3.34 41.47 6.25 76.34
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 等 19 1 5.21 0 66.16
骨折手術を多数行っています。特に高齢者の方の大腿骨骨折の手術件数が最も多く、手術後に状態が落ち着いたら近隣病院へ転院してリハビリテーションに取り組んで頂いています。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 146 0.13 1.3 0 67.60
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 59 1.08 13.8 1.69 80.90
K654 内視鏡的消化管止血術 18 1.67 12.44 11.11 71.94
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 15 0.07 3 0 64.33
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) - - - - -
平成27年4月より消化器科が常勤になって以降、内視鏡による手術数が大幅に増加しました。
早期の悪性腫瘍に対しても内視鏡手術が可能となり、患者様の負担を少なく安全に手術できるようになりました。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 119 1 1 0 76.56
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) 18 1 1 0 74.33
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
全体の85%が白内障手術での入院となっています。次いで翼状片手術での入院となっていますが、どちらも2泊3日での入院で行っています。
また、加齢黄斑変性や網膜静脈分枝閉塞症に対し、硝子体内に薬剤を注射する治療を2016年度は133件外来で行いました。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 38 1.47 7.47 10.53 79.47
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 21 3.67 10 0 75.33
K830 精巣摘出術 - - - - -
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術 - - - - -
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) - - - - -
尿管結石を伴う水腎症に対する経尿道的ステント留置術が最も多くなっています。
次いで、膀胱癌に対して尿道から膀胱に内視鏡を入れ腫瘍を取り除く手術を多く行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) - - - - -
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) - - - - -
K877 子宮全摘術 - - - - -
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 - - - - -
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
分娩のほか、婦人科手術は集学的治療を要する場合を除いて卵巣腫瘍・子宮体癌・異所性妊娠・臓器脱・子宮内膜症など広く対応しています。
腹腔鏡下での手術も増加傾向にあります。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 11 3.27 2.82 9.09 70.00
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
K7421イ 直腸脱手術(経会陰)(腸管切除を伴わない) - - - - -
虚血性心疾患に対する心臓カテーテル治療を積極的に行っています。
平成28年度より循環器科の医師が2名になったことで手術件数も増加傾向にあります。
その他(DIC、敗血症、
その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.42
異なる - -
当院では手術や処置を行う際、合併症を起こさないよう細心の注意を払い対応しています。
発症率は僅かながら減少傾向にあります。
更新履歴
2017.09.29
平成28年度 山鹿市民医療センター 病院指標を掲載しました
  

ホームご利用の皆さまへ病院紹介診療科・部門案内医療関係者の方へ