病院紹介

令和2年度 山鹿市民医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 25 23 35 59 147 369 611 642 286
当院の入院患者は、70歳以上の高齢者の割合が約69%を占めております。
高齢者の主な疾患としては、肺炎(細菌性肺炎・誤嚥性肺炎)や股関節大腿近位部骨折、胸椎・腰椎の圧迫骨折、心不全が多くを占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 190 2.86 2.66 1.58 70.45
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 90 7.94 9.53 0.00 75.42
060330xx97xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) その他の手術あり 20 5.80 10.09 0.00 79.55
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 19 27.26 20.51 31.58 85.58
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 6.88 5.86 0.00 58.12
平成27年4月より消化器が常勤3名となって以降、消化器疾患の患者数は年々増加傾向にあります。主な対象疾患としては食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆管や胆嚢の各種良性疾患や悪性腫瘍等、幅広い診療を行っています。当科で最も多い症例は内視鏡による大腸ポリープ切除術です。また、膵胆道系の内視鏡診断や内視鏡治療を積極的に行っており、胆石症などに対して内視鏡下での結石除去術やステント留置術を行う症例が多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 118 43.69 25.09 77.97 86.19
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 42 33.05 18.81 38.10 79.81
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 28 23.32 5.18 7.14 69.39
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 23 35.30 19.06 34.78 81.96
160990xx99x0xx 多部位外傷 手術なし 手術・処置等2 なし 18 27.78 17.12 33.33 71.83
高齢者の方の転倒などによる大腿骨近位部骨折の症例が最も多くなっています。手術後に状態が落ち着いたら、地域包括ケア病棟へ転棟したり、近隣病院へ転院していただきリハビリテーションに取り組んでもらっているため、転院率も75%を超えています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 46 13.63 10.70 0.00 72.98
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 45 6.31 4.86 0.00 73.56
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 7.29 7.23 3.57 67.57
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 20 14.25 16.19 5.00 72.50
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 7.06 9.08 0.00 73.44
常勤4名の医師により診療を行っています。当院では平成28年4月から従来の消化器外科・一般外科に加えて肝胆膵領域の外科治療が可能となりました。それに伴い新たに肝・肝内胆管の悪性腫瘍の症例数が増加傾向にありますが、転院率も低く一連の治療が当院で完結出来る体制が整っています。
また、令和元年度より緊急手術が出来る体制を整え、手術数も増加しました。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 33 35.64 17.23 9.09 83.52
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし - - 13.00 - -
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 10.51 - -
050050xx9900xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 7.15 - -
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 11.04 - -
平成28年4月から常勤医2名体制となりました。当科では、狭心症や心筋梗塞、弁膜症や心筋症、不整脈や心不全など、心血管疾患全般の診療を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 122 3.00 2.76 0.00 77.69
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.22 - -
020340xx97xxxx 虹彩・毛様体の障害 手術あり - - 6.48 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
最も多い症例は白内障手術目的入院で、眼科全体の95.3%を占めています。白内障の手術は、基本2泊3日を予定しています。
代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 1あり 28 15.18 14.60 0.00 66.71
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし - - 13.00 - -
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし - - 20.51 - -
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし - - 19.20 - -
10007xxxxxx0xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 なし - - 11.26 - -
代謝内科では、糖尿病を中心に高血圧、脂質異常症、甲状腺疾患、その他の内科疾患、電解質以上など、幅広い疾患の診療しています。
今年度は、糖尿病関連38名、肺炎などの感染症23名、その他含めて入院患者総数72名でした。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 10 1 8
大腸癌 - 10 15 23 - - 1 8
乳癌 - - - 1 8
肺癌 - - - 1 8
肝癌 - 17 - - 47 1 8,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
今年度当院での5大癌の症例の中では肝癌が最も多く、次いで大腸癌、胃癌となっています。外科の肝癌に対する治療が充実したことで年々症例数が増加してきました。さらに当院では平成18年2月から外来化学療法室も開設し、専門のスタッフによる化学療法を施行しています。また、治療の適正性の審査、レジメン審査・管理、病棟化学療法に対する指導などを一括して行っています。
平成24年4月には緩和ケア病棟の開設、同11月には熊本県指定がん診療連携拠点病院となりました。また、平成23年7月から緩和ケア外来も開設し、入院患者のみならず外来通院中の患者様やご家族などへの情報提供を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 20 15.70 77.50
重症 11 21.36 84.73
超重症 - - -
不明 - - -
肺炎での入院患者の年齢は70歳以上が約83%となっています。
重症度が上がるにつれ平均年齢が上がり、平均在院日数も長くなる傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 169 0.16 1.72 1.18 70.04
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 134 1.07 12.51 1.49 76.09
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 34 1.26 9.68 0.00 77.74
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 23 0.43 5.17 8.70 76.04
K654 内視鏡的消化管止血術 17 2.06 10.41 0.00 70.94
平成27年4月より消化器科が常勤となって以降、内視鏡による手術数が大幅に増加しました。
早期の悪性腫瘍手術に対しても内視鏡手術が可能となり患者様の負担を少なく安全に手術出来るようになりました。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 107 4.81 38.63 68.22 83.73
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 46 4.26 30.85 13.04 66.67
K0811 人工骨頭挿入術(股) 31 5.58 36.74 80.65 87.42
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 等 21 1.19 6.10 0.00 61.77
K0821 人工関節置換術(膝) 等 13 2.38 50.38 23.08 75.46
骨折手術を多数行っています。特に高齢者の大腿骨骨折の手術件数が最も多く、手術後状態が落ち着いたら、地域包括ケア病棟へ転棟したり近隣の医療機関へ転院して積極的にリハビリテーションに取り組んでもらっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 42 1.88 10.76 0.00 72.28
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 40 1.23 5.23 2.50 66.50
K6335 鼠径ヘルニア手術 27 1.81 4.37 0.00 73.52
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 18 1.06 2.94 0.00 73.61
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 17 2.47 11.53 5.88 73.29
平成28年4月から肝胆膵領域の外科治療が可能となり、平成29年4月からは腹腔鏡下消化管手術が強化されました。虫垂炎、ヘルニア、腸閉塞、腹膜炎などの際にも、創が小さく体の負担の少ない腹腔鏡下手術を第一選択にしており、特に腹腔鏡下に行う胆嚢摘出術は増加しております。
また、肝・肝内胆管の悪性腫瘍患者の増加に伴い、化学療法として行う血管塞栓術も積極的に行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 121 1.00 1.00 0.00 77.64
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない) - - - - -
K269 虹彩整復・瞳孔形成術 - - - - -
- - - - - - -
全体の95.3%が白内障手術での入院となっています。次いで翼状片手術での入院となっていますが、どちらも2泊3日での入院で行っています。
また、加齢黄斑変性や網膜静脈分枝閉塞症等に対し、硝子体内に薬剤を注射する治療を今年度は261例外来で行っています。
その他(DIC、敗血症、
その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.59
異なる - -
当院では、手術や処置を行う際、合併症を起こさないよう細心の注意を払い対応しており、全て1%未満の発生率となっています。
更新履歴
2018.09.27
平成29年度 山鹿市民医療センター 病院指標を掲載しました
2019.09.25
平成30年度 山鹿市民医療センター 病院指標を掲載しました
2020.09.28
令和元年度 山鹿市民医療センター 病院指標を掲載しました
2021.09.24
令和2年度 山鹿市民医療センター 病院指標を掲載しました
  

ホームご利用の皆さまへ病院紹介診療科・部門案内医療関係者の方へ