ご利用の皆さまへ

看護部のご紹介

【山鹿市民医療センター看護部理念】

患者さま人権尊重し、
心あたたかな看護提供します。

看護の専門職業人としての真価を発揮し、
地域の皆さまの健康と安全に貢献する。

患者さまの権利を最優先に考えた
患者さま中心の看護サービスを提供する。

看護部長 野中理佳   

看護体制

7対1看護体制

看護要員:223名
看護職員 看護師 173名
助産師 8名
准看護師 20名
看護補助者 - 22名

平成29年4月現在(非常勤含む)

固定チーム継続受け持ち制

 固定チームとは、病棟の看護チームを2チームに分け看護を提供し、チーム内の患者さまお一人お一人の入院から退院までの全期間をチームとして受け持つ方式です。
さらに、個々の患者さまに責任を持って看護を提供するために、継続受け持ち制をとっております。継続受け持ち制では、受け持ち看護師が立案した入院中の療養計画をチーム全体で支持し、看護を提供します。

目標管理(業務実績評価に係る目標設定)

個人で、あるいはチームで目標に向かってチャレンジしています。

3交代制と2交代制

日勤・準夜・深夜で交代します。また、現在2交代制を試行中です。

2019年度 看護部目標

振り返ろう、看護の原点!
充実させよう、チーム医療!

看護師の役割と責務を理解し、質の高い看護を提供できる

  1. 臨床現場に対応できる知識・技術の向上
  2. ケアの見える看護記録の充実
  3. ベッドサイドケアの充実

業務改善を行い、経営効果につなげる

  1. 看護業務を改善し、効率化を図る
  2. 入退院支援を行い、継続看護の充実を図る

看護部 一覧

ホームご利用の皆さまへ病院紹介診療科・部門案内医療関係者の方へ