診療科・部門案内

●肝胆膵外科を立ち上げました!
従来の消化管、一般外科手術に加えて、肝胆膵外科領域の手術が可能となりました。
詳しくはこちらをご覧下さい。

診療科紹介 - 外科

外来担当医表

診療科名
外科 別府 透
佐藤 伸隆
手術
(担当医)
別府 透
赤星 慎一
手術
(担当医)
別府 透
木下 浩一

診療科のご紹介

 熊本大学消化器外科から派遣された4名の医師により診療を行っています。従来の消化管外科、一般外科に加えて、2016年4月から肝胆膵領域の外科治療が可能となりました。2017年4月からは木下浩一医師と吉田泰医師が、2018年4月からは佐藤伸隆医師が、2019年4月からは赤星慎一医師が吉田医師と交代で加わり、腹腔鏡手術を強化しました。

 山鹿地区には胆嚢結石や総胆管結石症が多く、可能な限り内視鏡的治療や腹腔鏡下治療による根治を目指しています。胆嚢ポリープにも腹腔鏡下治療を行っていますが、悪性を否定できない症例には胆嚢全層摘除やリンパ節郭清を加えています。虫垂炎、ヘルニア、腸閉塞、腹膜炎などの際にも、創が小さくて体の負担が少ない腹腔鏡下手術を第一選択にしています。良性疾患に対する腹腔鏡手術施行割合は2016年前の40%前後から70%前後に増加しました。特にヘルニアの手術では2017年度から腹腔鏡手術を積極的に行っています。鼠径ヘルニアでは再発例や前立腺手術の既往がなければTEP:totally extraperitoneal repair(腹腔鏡を用いた腹膜前到達法による腹膜前修復法)を第一選択に行っています。その他の腹壁瘢痕ヘルニアや閉鎖孔、大腿ヘルニアなども症例に応じて腹腔鏡にて手術を行っています。ヘルニアに対する手術数と腹腔鏡手術の割合を示します。

 消化器癌による死亡数は全癌死亡の半数を超えています。キャンサーボードやカンファレンスを行いながら、最適な治療を選択しています。作年から放射線専門医の幸医師を迎え、画像診断を強化しました。さらに今年からは熊本大学細胞病理学分野の菰原義弘講師と大西紘二先生を月2回お招きして、病理診断を強化するとともにカンファレンスにも参加していただいています。

 胃癌や大腸癌などの消化管癌では、その進行度や全身状態に応じて内視鏡治療、腹腔鏡下手術、開腹手術を行っています。進行例では化学療法、放射線療法、緩和医療を適宜選択することで、すべてのステージの患者様への対応が可能です。特に大腸癌肝転移例では導入化学療法後に外科切除が可能になる場合があり、腫瘍内科医と相談しながらその機会を逃さないように厳密な経過観察を行なっています。

 山鹿地区においても、B型肝炎やC型肝炎のない、いわゆるメタボ肝癌が増加しています。

 胆道癌・膵癌に対しては、厳密な術前検査や審査腹腔鏡を行い、安全かつ根治的な切除を心がけています。切除不能症例には化学療法や放射線療法を中心とした集学的治療に取り組んでいます。当院消化器内科は膵胆道系の内視鏡診断や内視鏡治療を積極的に行っています。
肝胆膵領域の治療の詳細は以下の項目を参照ください

 2017年度の肝細胞癌の約半数がメタボ肝癌であり、さらにその半数が糖尿病を有していました。当院糖尿病内科や消化器内科の医師と協力して、メタボ肝癌の早期発見・治療に努めています。肝癌の治療では肝切除術、腹腔鏡・胸腔鏡下肝切除、ラジオ波凝固療法、肝動脈化学塞栓療法、化学療法を癌の進行度と肝予備能の両面を考慮して選択しており、そのすべてを当院で施行可能です。低悪性度の肝腫瘍に対しては腹腔鏡下手術を取り入れ、患者様の負担軽減と早期退院を目指しています。2019年3月までの3年間に、肝がんの肝切除64例、ラジオ波凝固療法59例、肝動脈化学塞栓療法123例をすでに行なっています。

 胆道癌・膵癌に対しては、厳密な術前検査や審査腹腔鏡を行い、安全かつ根治的な切除を心がけています。切除不能症例には化学療法や放射線療法を中心とした集学的治療に取り組んでいます。当院消化器内科は膵胆道系の内視鏡診断や内視鏡治療を積極的に行っています。

 肝胆膵領域の治療の詳細は以下の項目を参照ください。2019年3月に更新しています。

 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学 会の専門医・指導医、日本肝胆膵外科学会高度技能指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医の資格を有する常勤医による質の高い、最新の医療の提供が可能です。当院は従来の日本外科学会関連施設、日本消化器外科学会修練施設に加えて、2016年度から日本消化器病学会と日本肝臓学会の認定施設に指定されました。昨年から日本消化器外科学会と胆道外科学会の認定施設となり、高難度腹腔鏡肝切除の認可施設となりました。消化器病、消化器外科、肝臓の認定をすべて受けた施設は県内で6施設目です。
   化学療法は、がん薬物療法専門医である陶山浩一医師とがん化学療法認定看護師、認定薬剤師を中心に行なっています。化学療法の施行総数は年次的に増加しています。

 このように、消化器全般の症例に対してガイドラインやエビデンスに基づいた医療を提供しています。日々の診療では患者様にとって良好なQOLが保てるように心がけ、さらには常に患者様やご家族の気持ちに寄り添う医療を心がけていきます。消化器内科とも常にカンファレンスを行い、協力して診療を行っていますので、消化器内科のサイトも是非ご覧ください。

 当科は教育や学術活動にも力をいれています。昨年度には熊本大学の初期研修医1名、研修医の地域医療研修4名、地域医療クリニカル・クラークシップに基づいた医学部学生8名の受け入れを行いました。本年度も引き続き研修医と学生の教育に尽力し、バランスの良い医師の育成を目指します。

 山鹿市民医療センター主催で、山鹿市の共催を得て3回の市民公開講座を開催しました。平成29年1月に第一回『増えている大腸がんー大腸がんを学びましょう』を、同年10月に第二回『まだまだ多い胃がんー胃がんを一緒に学びましょう!』を、平成30年11月に第三回『よく知ろう!乳がんのこと~診断から治療まで~』の内容です。いずれも多数の市民の皆様の出席がありました。引き続き平成31年秋以降には、『がんの全人的ケア(仮題)』や『難治性の肝胆膵がんに挑む(仮題)』を施行予定です。積極的な参加をお待ちしています。

 さらに外科関連の講演会を定期的に開催し、地域 の活性化に取り組んでいます。

 国内全国学会演題としては、筆頭演者として10演題を発表しました。内訳は、日本外科学会1題、日本消化器外科学会3題、日本肝胆膵外科学会1題、JDDW(日本消化器病関連学会週間)4題、日本臨床外科学会1題でした。日本消化器外科学会で入江晃士朗医師が研修医奨励賞を、JDDWで藏元一崇医師が若手奨励賞をそれぞれ受賞しました。国際学会演題としてはIASGO招請講演1題を発表しました。論文としては、英文Firstまたは2nd authorを13編、それ以外を4編、和文筆頭3編を報告しました。

外科業績

2018年度はこちら

2017年度はこちら

2016年度はこちら

外科関連の講演会

 山鹿市民医療センター外科では鹿本医師会のご協力のもと、スタッフのスキルアップと地域医療のレベルアップのため、様々な分野におけるスペシャリストを招いて講演会を開催しています。
 今後も、講演会を開催していく予定ですので、是非多くの皆様の参加をお願いします。

講演会の詳細はこちら

おもな診療領域

消化器の良性・悪性疾患全般

  • 消化管:食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門
  • 実質臓器:肝臓・胆嚢・胆管・膵臓・脾臓

その他の疾患

  • 良性:腹膜、後腹膜、ヘルニア、呼吸器、内分泌など
  • 悪性:転移性肺癌、乳癌など

担当医からのメッセージ

別府 透

 消化器外科一般、おもに肝胆膵領域を担当しています。
 山鹿市民医療センターに赴任後4年目になります。外科手術はもちろんのこと肝癌の穿刺治療、血管造影下治療も行います。肝癌のラジオ波焼灼療法では、内視鏡下アプローチやソナゾイド造影エコー・フュージョンエコーを積極的に活用しています。最近では水冷式のマイクロ波焼灼療法を導入し、極めて良好な局所コントロールを得ています。日本内視鏡外科学会技術認定医、日本肝胆膵外科学会高度技能指導医の資格を有しており、腹腔鏡や胸腔鏡による低侵襲手術から、進行症例に対する拡大手術まで幅広く対応可能です。3,000例を超える手術例の中で、約300例の腹腔鏡下肝切除を経験しました。根治性に加えて安全性を重視することで手術関連死亡はありません。日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本胆道学会の指導医・専門医として、外科全体のさらなるレベルアップを目指しています。消化器内科や腫瘍内科と協力して、肝細胞癌や大腸癌肝転移に対する集学的治療にも力を入れています。市民公開講座、院内外での研究会や勉強会にも積極的に取り組んでおり、県北の医療のさらなる発展に貢献したいと考えています。

赤星 慎一

 消化管外科(胃、大腸など)、肝胆膵外科(肝臓、膵臓、胆道など)を中心に担当いたします。がんの治療から虫垂炎(いわゆる盲腸)、腹膜炎などの救急疾患まで対応可能です。特に消化管の手術療法、薬物療法を専門に行っています。手術は腹腔鏡下手術を中心に、可能なかぎり小さな傷で、根治性を損なわない治療を行っています。進行した癌でも、最新の薬物療法と手術と組み合わせながら根治を目指します。これまでの経験、最新のエビデンス(研究結果)、患者さんの思い、背景など様々な事柄を考えながら、外科チームとして、最善の医療を提供できたらと思っております。
 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本消化管学会の専門医、指導医として地域の医療向上に努め、山鹿市をはじめとした鹿本地域の皆様に貢献できますように誠心誠意頑張っていきたいと存じます。よろしくお願い申し上げます。

佐藤伸隆

 緩和ケア、一般外科を担当します。
 専門用語ばかりを用いるのではないわかりやすい説明に努め、十分な納得の上で治療を受けていただけるように心がけています。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。

木下浩一

 消化器一般、おもに消化管(食道、胃、大腸)を担当しています。
 当院では消化器内科医や放射線科医と定期的にカンファレンスを行いながら、それぞれの患者様にとって最善の治療を行っております。外科的な手術が必要な場合でも開腹手術に限らず、比較的低侵襲な腹腔鏡手術も当院で行うことが可能です。抗がん剤等による薬物治療や終末期の医療(緩和治療)も担当しております。地域の皆様のお役にたてるように、精一杯努力していきたいと思いますのでお気軽に当科へご相談下さい。

医師紹介

院長・医療管理部長・医療安全管理室長
別府 透(べっぷ とおる)
専門分野
消化器外科・肝胆膵外科
指導医・専門医・認定医
医学博士
日本外科学会(指導医、専門医)
日本消化器外科学会(評議員、指導医、専門医、消化器がん外科治療認定医)
日本肝胆膵外科学会(評議員、高度技能指導医)
日本内視鏡外科学会(評議員、技術認定医)
日本肝臓学会(評議員、指導医、専門医)
日本胆道学会(専門医)
日本消化器病学会(評議員、指導医、専門医)
日本肝癌研究会(幹事)
日本消化器癌発生学会(評議員)
肝臓内視鏡外科研究会(理事) 日本がん治療認定医機構(暫定教育医、がん治療認定医) 日本臨床腫瘍学会(暫定指導医)
FACS(Fellowship of American College of Surgeon)
医療技術部部長・診療部外科長・がん相談支援センター長
赤星 慎一(あかほし しんいち)
専門分野
消化器外科・一般外科
指導医・専門医・認定医
医学博士
日本外科学会(専門医、認定医)
日本消化器外科学会(専門医、消化器がん外科治療認定医)
日本消化器病学会(九州支部評議員、専門医)
日本肝臓学会(専門医)
日本消化管学会(胃腸科認定医、胃腸科専門医、胃腸科指導医)
日本肝胆膵外科学会(評議員)
日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
日本内視鏡外科学会
日本癌治療学会
日本胆道学会
日本臨床外科学会
日本腹部救急医学会
日本胸部外科学会
医療技術部薬剤科長・診療部外科医長
佐藤 伸隆(さとう のぶたか)
専門分野
一般外科
指導医・専門医・認定医
医学博士
日本外科学会(専門医)
日本消化器外科学会(専門医、消化器がん外科治療認定医)
日本消化器病学会(専門医)
日本消化管学会(胃腸科専門医、胃腸科認定医)
日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
日本プライマリ・ケア連合学会(プライマリ・ケア認定医)
日本内視鏡外科学会
日本臨床外科学会
日本大腸肛門病学会
日本胃癌学会
日本消化器内視鏡学会
日本癌治療学会
日本緩和医療学会
日本サイコオンコロジー学会
日本静脈経腸栄養学会
日本褥瘡学会
日本医師会認定産業医
医療技術部臨床検査科長・外科医師
木下浩一(きのした こういち)
専門分野
一般外科・消化器外科
指導医・専門医・認定医
日本外科学会(専門医)
日本消化器外科学会(専門医、消化器がん外科治療認定医)
がん治療認定医機構(認定医)
日本臨床外科学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本大腸肛門病学会
日本胃癌学会
日本食道学会
日本消化器病学会
日本内視鏡外科学会

医師紹介/その他の診療科

ホームご利用の皆さまへ病院紹介診療科・部門案内医療関係者の方へ