がん総合的医療チーム

山鹿市民医療センター 『市民公開講座』

 平成24年1月に熊本県指定がん診療連携拠点病院に指定されました。その後、平成28年4月には日本肝臓学会の、平成29年1月には日本消化器病学会の、平成30年1月には日本消化器外科学会の、平成30年7月には日本胆道学会の、施設認定を取得しました。さらに平成31年4月には日本がん治療認定医機構 認定研修施設資格を獲得し、令和元年11月には日本消化管学会胃腸科正規指導施設に認定されました。このように専門性の高い施設として、鹿本医療圏のがんの予防、診断・治療、緩和ケア等を推進しています。
 山鹿市民医療センター主催で、山鹿市の共催を得て4回のがん関連の市民公開講座を開催しました。平成29年1月の第一回は『増えている大腸がんー大腸がんを学びましょう!』、同年10月の第二回は『まだまだ多い胃がんー胃がんを一緒に学びましょう!』、平成30年11月の第三回は『よく知ろう!乳がんのこと~診断から治療まで~』、令和元年12月17日の第四回は『がんを考えるーがんの予防、最新治療から緩和ケアまで』、の内容です。土曜日にも関わらずいずれも多数の市民の皆様にご参加をいただき、心より感謝しております。
 引き続き令和二年以降には、『最も多い肺がんの診断と治療(仮題)』や『難治性の肝胆膵がんに挑む(仮題)』を施行予定です。積極的な参加をお待ちしています。

ホームご利用の皆さまへ病院紹介診療科・部門案内医療関係者の方へ