がん総合的医療チーム

臨床工学技士(ME)

 臨床工学技士とは、医師の指示のもと、生命維持管理装置などの医療機器を保守点検・操作することを業務としています。当院での臨床工学技士の業務は、輸液ポンプ、シリンジポンプ、低圧持続吸引器などの医療機器をME室で貸出、返却、点検を中央化管理しています。

生命維持管理装置といわれている、人工呼吸器や血液浄化装置の使用前後、および使用中の点検。準備、セッティング、装置の操作や装着など他職種と連携し臨床業務を行っています。

BENNETT 840

V 60

CHDF

DFPP

CART

その他にも、心臓カテーテル検査・治療や、肝動脈化学塞栓術や手術室での医療機器の操作、点検もおこなっています。

シネ・アンギオ室

手術室

臨床工学技士としてのがん医療との関わり

1) 腹水濾過濃縮再静注療法
  CART(Cell free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy)

腹水の採取時は、主治医、担当看護師と連携し、貯留バックへの接続、患者および腹水の観察を行い。PlasautoLC、ACH-Σなどの血液浄化装置を使用し器材の準備、セッティング、濾過濃縮処理を行っている。

2) 肝臓がんに対するラジオ波焼灼療法

 ラジオ波焼灼療法とは、約1.5mmの電極(針)からAMラジオ同じ周波数を発生させ、腫瘍内のイオンが振動運動することで摩擦熱(ジュール熱)が生じます。その結果、電極(針)周囲の組織が凝固し腫瘍の細胞が壊死します。

可変型の電極(針)で、VIV ARF Electrode、装置にVIVARF GENERATORを使用しています。
治療は、局所麻酔または全身麻酔下で、超音波画像を確認しながら病変部まで体表から電極(針)を挿入していきます。
時には腹腔鏡や開腹で直接病変部を確認して行う場合もあります。

≪経皮的 RFA≫

≪腹腔鏡下 RFA≫

≪開腹下 RFA≫

可変型の電極:VIV ARF Electrode
(Active Tip:5~30mm)

(焼灼開始出力)

Active Tip 開始出力値
10mm 20W
15mm 30W
20mm 40W
25mm 50W

VIVARF GENERATOR

臨床工学技士が装置のセッティング操作を行っている。

 電極のTip長に応じた初期出力で開始し、1分毎に10Wずつ上昇。インピーダンス、温度などを記録、確認しながら治療を行ってく。それを、初期のインピーダンスから+60%上昇したら出力が停止(ロールオフ)するまで継続し、その後は、ロールオフした出力の10W低い設定にしそのまま出力を継続していき、超音波画像、経過時間、ロールオフの回数で術者と治療時間を決定します。

ホームご利用の皆さまへ病院紹介診療科・部門案内医療関係者の方へ