がん総合的診療チーム

がん総合的診療チームを立ち上げました

山鹿市民医療センターでは、2019年4月に 『がん総合的診療チーム』 を立ち上げました。目的は、当センターのがん診療を部門横断的に行い、より効率的な個別化治療を確立することです。
消化器がんの手術数や化学療法数は2015年以前と比較すると2~3倍に増加しています。がん関連の資格としては、従来の日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本外科学会、日本消化器外科学会などの認定施設に加えて、この2年間に、日本がん治療認定医機構認定研修施設、日本胆道学会・日本消化管学会の認定施設、高難度腹腔鏡下肝切除認可施設、日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関を新たに取得しました。各種学会の専門医、指導医の取得も進んでいます。キャンサーボードや臨床病理カンファレンスを毎月多職種で開催しています。学会活動や論文執筆も積極的に行っています。今後は県指定の「熊本県がん診療連携拠点病院」に加えて、国指定の「地域がん診療連携拠点病院」の認定を目指します。
当センターのがんに対する診療内容を、患者さんや近隣の先生方に正確に幅広く、理解していただく必要があると考えています。以下に部門名や治療項目を表示します。是非クリックしていただき、内容をご確認いただければと考えます。
どうぞよろしくお願いいたします。

2021年7月
院長 別府 透

ホームご利用の皆さまへ病院紹介診療科・部門案内医療関係者の方へ