がん総合的医療チーム

がんの内視鏡的治療

 消化器内科では、がんの確定診断をつけて、適切な治療方針を決めることと、内視鏡治療を主に担当しています。早期の食道、胃、十二指腸、大腸がんは内視鏡治療で根治が望めます。

 2018年に新たにがんと診断された方は約98万人(男性:約56万人、女性:約42万人)です。

2018年 がん罹患数
  1位 2位 3位 4位 5位
総数 大腸 乳房 前立腺
男性 前立腺 大腸 肝臓
女性 乳房 大腸 子宮

←消化器内科で対応する疾患

2019年にがんで死亡した人数は約37万人(男性:約22万人、女性:約15万人)です。

2019年 死亡数
  1位 2位 3位 4位 5位
総数 大腸 膵臓 肝臓
男性 大腸 膵臓 肝臓
女性 大腸 膵臓 乳房

←消化器内科で対応する疾患

がんの罹患数、死因数の多くを消化器疾患が占めます。

私たちが、内視鏡室のメンバーです。

写真

グラフ

【考察】

早期がんで治癒切除可能であれば、より簡便なEMRで切除すること、鹿本地区はEMR・ESDを施行する施設が多いことからESD件数は大きくは変わりません。
しかし、近年、早期発見・早期治療の意識が高まっている為、今後増えていく可能性が高いと思います。

グラフ

【考察】

ERCPでは胆汁・膵液細胞診や生検など組織診断での確定診断、黄疸に対するドレナージなどを行います。
ERCPは鹿本地区では当院のみ行っていますので、症例数は多くなっています。

グラフ

【考察】

EUS-FNAはここ数年減少傾向にあります。その理由として、以前は消化器内科医全員が施行していましたが、現在は特定の医師しか施行していないことが挙げられます。
検査数は減りましたが、確定診断をつける正診率は他施設と比較しても遜色ありませんのでご安心下さい。

ホームご利用の皆さまへ病院紹介診療科・部門案内医療関係者の方へ